メール配信の基本的な仕組み

メール配信システムって何

メール自体今の生活に欠かせない存在ですが、その中でもメール配信はさまざまな方法で活用されています。メール配信システムは一度に多くの宛先に大量のメールを送ることができるので、お知らせメールやメルマガ、緊急メールなどで利用されています。普通のメールと変わりないと感じてしまう方もいるかもしれませんが、通常の場合だとメールを一斉に送るとサーバーがパンクして届きにくくなるのです。また、今はセキュリティー対策が向上したことで一斉に大量のメールを送ると迷惑メール判定を受けやすく、受信先につながる前にブロックされてしまいます。

そういった問題を解決するためには、技術的にさまざまな調整が必要になります。例えばメールの配信数を適切な量にコントロールしたり、ISP事業者に認められるように複数のIPアドレスを準備したり、定期的に無効なメールアドレスを管理することなどです。高度な技術力でメール配信が可能になっているのです。

システムにある二種類の型

メール配信システムには主に二つの種類があります。ひとつはオンプレミス型、もう一つはクラウド型です。オンプレミス型は、自分でパソコンやサーバーなどの設備を準備しアプリケーションの管理や運用をする仕組みです。この場合は導入コストが高くて時間もかかり、専門性が必要になります。一部の人しか利用が難しいですが、目的に合わせたカスタマイズができ高いセキュリティー力を誇っているのが特徴です。

対照的にクラウド型は、インターネットを介してシステムやアプリを利用できる仕組みです。すでにシステムが出来上がっているので、端末とインターネット環境の整っている場所であればすぐに利用ができます。低コストで手軽にできるところが特徴です。しかし、オンプレミス型のようにカスタマイズできなかったり、セキュリティー面で若干不安があるといったデメリットもあります。この二つの型でメール配信システムは成り立っています。